精神病治療薬と言えば、抗精神病薬というイメージが強いですけど、実は精神病治療薬は抗精神病薬、抗うつ薬、抗不安薬、気分安定剤、睡眠薬などのいろいろな種類があります。それらの精神病治療薬を使用しているとき、いろいろな注意事項がありますから、もし重視しなければ、効果が出てこない、また大きい副作用が現れてくることがあります。

精神病治療薬の必要以外の使用はNG!
患者が診察している間に、しっかりと検査が行われ、経過も定期的に評価している中で、抗精神病薬の必要があると判断されるのであれば、投薬することに問題はありません。また精神病と診断された場合、患者の症状によって適度の精神病治療薬を利用することは必要だと認められています。しかし、患者が診察している間に、患者の要求、また自分の経験によって患者に精神病治療薬を投与することはよくありません。もし、精神病治療薬の必要がない人に投薬したら、副作用が現れたり、またほかの病気を誘発したりするリスクが高いと言われています。それで、精神病治療薬の必要以外の使用はNGです!

精神病治療薬の過量使用は禁止です
精神病治療薬を服用している間、決められた量を正しく服用することが重要です。自己判断で不適切に使用すると、特に精神病治療薬の過量使用の場合、効果が出ないだけではなく、命に関わる危険性もあります。その中に一番注意すべきなのは精神病の急性期と安定期が分かれて精神病治療薬の用量を選ぶことです。一般的に急性期に幻覚や妄想などの激しい陽性症状をできるだけ早く軽減させることによって必要の量を投与します。返って、安定期に精神病治療薬の使用量が維持量で十分です。

老年期精神病の治療方法について、薬物療法の他には、家族からの関心と環境調整も老年期精神病の治療に不可欠なことだと言われています。

薬物療法
老年期精神病の治療方法に対して、抗精神病薬による薬物療法を行うことが多いです。しかし、高齢者の代謝機能が弱いですから、抗精神病薬の利用は高齢者に大きい副作用を与えることができます。それで、お薬の使用は高齢者では慎重さが求められます。副作用の少ない非定型抗精神病薬を利用したり、またできるだけ少量から始めたりすることは高齢者にとって一番適切な薬物療法です。

家族からの関心
老年期精神病を引き起こす一つの重要な原因は孤独感です。高齢者にとって家族が周りにいなくて生活が困難になってしまいます。更に配偶者がなくなったら、孤独感が強くて老年期精神病が起こりやすいです。それで、家族からの関心と伴うことは高齢者に孤立していると思わせないようにすることができます。つまり、高齢者本人は家族、知人、医療者との間にしっかりとした信頼関係を築くことが重要です。そういうことは老年期精神病の予防と治療に重要な作用を発揮しています。

環境調整
社会的孤立状況や経済状況の悪化で起こる老年期精神病の場合、家族との関係、また社会環境を見直すことが必要です。家族との同居や老人ホームへの入所、ヘルパー導入などといった環境調整を通して、ストレスや不安心理になる生活環境を整え、気持ちもリラックスすることができます。それで、環境調整法は老年期精神病にいい治療効果があります。