精神病治療薬の使用注意

精神病治療薬と言えば、抗精神病薬というイメージが強いですけど、実は精神病治療薬は抗精神病薬、抗うつ薬、抗不安薬、気分安定剤、睡眠薬などのいろいろな種類があります。それらの精神病治療薬を使用しているとき、いろいろな注意事項がありますから、もし重視しなければ、効果が出てこない、また大きい副作用が現れてくることがあります。

精神病治療薬の必要以外の使用はNG!
患者が診察している間に、しっかりと検査が行われ、経過も定期的に評価している中で、抗精神病薬の必要があると判断されるのであれば、投薬することに問題はありません。また精神病と診断された場合、患者の症状によって適度の精神病治療薬を利用することは必要だと認められています。しかし、患者が診察している間に、患者の要求、また自分の経験によって患者に精神病治療薬を投与することはよくありません。もし、精神病治療薬の必要がない人に投薬したら、副作用が現れたり、またほかの病気を誘発したりするリスクが高いと言われています。それで、精神病治療薬の必要以外の使用はNGです!

精神病治療薬の過量使用は禁止です
精神病治療薬を服用している間、決められた量を正しく服用することが重要です。自己判断で不適切に使用すると、特に精神病治療薬の過量使用の場合、効果が出ないだけではなく、命に関わる危険性もあります。その中に一番注意すべきなのは精神病の急性期と安定期が分かれて精神病治療薬の用量を選ぶことです。一般的に急性期に幻覚や妄想などの激しい陽性症状をできるだけ早く軽減させることによって必要の量を投与します。返って、安定期に精神病治療薬の使用量が維持量で十分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です