老年期精神病の治療方法

老年期精神病の治療方法について、薬物療法の他には、家族からの関心と環境調整も老年期精神病の治療に不可欠なことだと言われています。

薬物療法
老年期精神病の治療方法に対して、抗精神病薬による薬物療法を行うことが多いです。しかし、高齢者の代謝機能が弱いですから、抗精神病薬の利用は高齢者に大きい副作用を与えることができます。それで、お薬の使用は高齢者では慎重さが求められます。副作用の少ない非定型抗精神病薬を利用したり、またできるだけ少量から始めたりすることは高齢者にとって一番適切な薬物療法です。

家族からの関心
老年期精神病を引き起こす一つの重要な原因は孤独感です。高齢者にとって家族が周りにいなくて生活が困難になってしまいます。更に配偶者がなくなったら、孤独感が強くて老年期精神病が起こりやすいです。それで、家族からの関心と伴うことは高齢者に孤立していると思わせないようにすることができます。つまり、高齢者本人は家族、知人、医療者との間にしっかりとした信頼関係を築くことが重要です。そういうことは老年期精神病の予防と治療に重要な作用を発揮しています。

環境調整
社会的孤立状況や経済状況の悪化で起こる老年期精神病の場合、家族との関係、また社会環境を見直すことが必要です。家族との同居や老人ホームへの入所、ヘルパー導入などといった環境調整を通して、ストレスや不安心理になる生活環境を整え、気持ちもリラックスすることができます。それで、環境調整法は老年期精神病にいい治療効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です