精神病の分類と原因|精神病診断チェック|うつ病について

精神病はどんな病気?
精神病は精神病性障害(psychotic disorder)とも呼ばれています。妄想や幻覚を特徴とした精神的な病気です。精神病という名称は1835年にジェームス・プリチャードによって「生活の所作の中で礼儀と礼節どおりに振る舞う」ことができない人々を説明するために作られたのです。

精神病の分類
精神病の原因によって、分類すれば、精神病は内因性精神病と外因性精神病、心因性精神病になります。

「内因性精神病」
内因性精神病はいまだに原因が明確には解明されていないが、原因が脳自体にあると思われるのです。内因性精神病はいろいろな症状があります。症状に応じて細分類すれば、統合失調症、双極性感情障害に分類られます。

統合失調症は思考と行動を統合する能力が長期間にわたって低下している精神障害です。以前は精神分裂症と言われてきたのです。主に青年期に多く発症します。主な症状は興奮しやすいことです。または反対に常に気力がなく、人と関わることを避けたり、無口になり、喜怒哀楽の感情が出てこなくなったりします。

双極性感情障害は躁状態を伴う双極I型障害と、軽躁状態を伴う双極II型障害に区分されます。躁状態は、気分の異常な高揚が続く状態です。軽躁状態は基本的に躁状態と同じ症状です。しかし、社会的、職業的機能や人間関係に影響のない程度です。

外因性精神病
外因性精神病は非心因性に認められる精神病です。器質精神病、症状精神病、中毒精神病の3種類があります。

器質精神病はアルツハイマー病、パーキンソン病、脳血管障害、日本脳炎、ヤコブ病、多発性硬化症、正常圧水頭症が含まれています。中枢神経細胞自体の障害は器質精神病の主な原因です。

症状精神病はの脳以外の身体疾患によって引き出した精神の障害です。

中毒精神病は物質依存症とも呼ばれています。アルコール、麻薬、覚醒剤、大麻などの物質に誘発される精神障害の一つです。

心因性精神病
ストレスなどの心的要因によって起こった精神病です。環境の急激な変化や強いショックを受けると、起こしやすいです。

精神病診断チェックリスト
自分は精神病になったのという困るときがありますか?ここで精神病診断チェックリストについて紹介します。自分でチェックしてください!

※気分が晴れない。憂鬱である。
※イライラする
※何をしても気分がすぐれない
※理由がなく不安になる
※息苦しい
※幻聴が聞こえる
※食事が美味しく感じない
※夜寝付けない、または熟睡できない
※誰かが悪口を言っていると思う
※摂食障害、非器質性睡眠障害、性機能不全がある
※会話および言語の特異的発達障害

<大人気精神安定剤の効果と副作用>
抗うつ剤通販|精神安定剤

代表的な精神病ーうつ病
精神病はいろいろあります。よく耳にするのはうつ病です。うつ病は代表的な精神障害です。今うつ病に困られている人は多いです。うつ病になった芸能人も少なくないです。しかもうつ病は、年々増加傾向にあります。

平日には誰も気持ちが落ち込んだり、憂うつな気分になったりすることがあります。いつまでたっても気分が回復せず、強い憂うつ感が長く続く場合があれば、うつ病と考えられます。

うつ病の原因はいろいろあります。過度なストレスによって引き起こすケースはたくさんあります。人間関係の変化と環境の変化、身近な人の死や出産もうつ病の原因です。また抗がん薬、ステロイド、抗潰瘍薬などもうつ病を引き起こすことがあります。

うつ病の症状は様々です。抑うつ気分、興味や喜びの喪失、強い焦燥感、思考力や集中力の低下、希死念慮、疲労、倦怠感、睡眠障害などです。

精神疾患は遺伝ですか?精神病は遺伝要因だけではなく、もっと重要なのは環境要因です。すなまち、精神病の発症は生まれながらの体質、生活習慣などの影響に関係があります。理論的には, 遺伝要因だけで生じる疾患では, 一卵性双生児は遺伝子が全く同じなので, 一致率(双生児の両方が同じ病気を持つ)は100%になるはずです。